FC2ブログ
 

『おいらせ町のパッシブカフェ兼用住宅』設計契約いただきました!

『おいらせ町のパッシブカフェ兼用住宅』設計契約いただきました!

本日、基本設計を進めていた『おいらせ町のパッシブカフェ兼用住宅』、無事に設計契約を締結していたしました。
planB正面
去年・おととしと2年間、ひたすら申請業務に専念していましたので、本格的な設計契約は久しぶりです(笑)
今回は、基本設計段階から建物燃費ナビをフル活用。プランニングと温熱のシミュレーションを同時に行ってきました。
各地のエコハウス見学やセミナー、『雫石町の300mm断熱リノベーション』で得た知識情報もふんだんに盛り込み、新築のエコハウスとしては今までとは1段階進めたプランニングとなっています。
●壁-高性能GW16kg品315mm
●天井(桁上)高性能GW18kg品525mm
●基礎外周パフォームガード120mm基礎内部ウレタンフォーム120mm吹付け
 土間下全面スタイロエースⅡ50mm土間上スカート断熱ウレタンフォーム60mm吹付け(幅350mm)
●窓 YKKAP430+ 玄関イノベストD50
●第1種全熱交換換気システム
●日射遮蔽、2階南窓外付けブラインド、1階窓は庇
と、もりもりの仕様。
今回は土地の条件がとてもよく、南道路で障害物がなく、正面を完全に南面として計画できており、APW430の規格寸法でで一番大きなFIX窓をこれでもかと配置しています。
外装も、無垢の杉板無塗装で提案しました。

ファーストプレゼンテーションの燃費ナビ検証結果。
馬場様邸燃費ナビ(300mm断熱)-1
年間暖房負荷が22.92KWh/㎡と、かなりいい値。
(ただし、おいらせ町の気象データーがないので隣の八戸市のデーターを使用)

これから予算の調整を行わなければいけないので、窓の寸法などは多少変わりそうですが、断熱仕様の部分はなるべく変えずに進めたいと考えています。

建設費は今までより上がってしまいますが、光熱費をシミュレーションしてみると
馬場様邸燃費ナビ(300mm断熱)-2
最も暖房費のかかる1月でも2万を切っているのが驚異的。平均値が約1.5万円で、年間を通してほぼ安定。

住宅ローンを安く抑えられたとしても、冬場、夏季、中間期で光熱費がバラバラで、支払いが安定していないより、住宅ローンが多少高くても、光熱費が低く、月々の支払いが安定していた方が生活設計は楽だと思います。

ちなみに燃費ナビの3枚目。
馬場様邸燃費ナビ(300mm断熱)-3
ここは主に気候条件が書かれているのですが、注目するべきは『暖房機の窓からの日射取得量と熱損失内訳』
赤は損失、オレンジは取得です。
西・東・北面は取得より損失が大きいのですが、南側は損失より取得の方が圧倒的に多いのがわかります。
このことから、3面の窓はできるだけ小さめ。南側の窓はできるだけ大きく取る方が省エネルギーであることがわかります。

4枚目を見ると
馬場様邸燃費ナビ(300mm断熱)-4
仕様とともに、部位別熱損失が表示されています。
この表で見ると、この家の熱損失のうち、半分が窓と玄関ドアから逃げているのが分かります(笑)
3枚目の赤の部分ですね。
家の省エネ性能を示すQ値やUA値で言うと、窓は小さい方が有利です。しかし、省エネ性能はQ値、UA値だけを見ても分かりません。ここに、『取得』をしっかり考えるのが大事です。

建物燃費ナビ、省エネ設計に非常に有効なツールです!

カフェの内観
planBカフェ内観
飾りつけは奥さまの好み次第となりますが、大きな窓が特徴的なお店になりそうです。

2階LDK
planBLDK内観
温熱のラインを1,2階そろえ、総2階の形状にするため、居住スペースはほとんど2階に持ってきました。
外付けブラインドの光のラインが美しいです。

やりたいことはたくさん!予算は限定!。。。当たり前ですがw
その中でもできる限り、実現に向けて煮詰めてゆきます!こうご期待!
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索